FC2ブログ
詳細は下記「◆◇デイトレード初心者向け手法解説は・・」からどうぞ
デイトレードと投資資金
デイトレード手法解説の携帯サイトはこちら=>>デイトレード初心者のための27種類のデイトレード手法解説


デイトレードと投資資金


「資金が○円しかありません。デイトレードをしたいのですが
どうしたらよいでしょう。」

投資元金は自分で用意する以外にどうしようもありません。
デイトレード自体で投資用のタネ銭を生もうと
してはいけません。

ビジネスでは資金がなければ勝負できないのですから、
それは自分で用意するしかありません。
スポンサーサイト



テーマ:初心者のデイトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

デイトレードを頻繁に行なう
デイトレード手法解説の携帯サイトはこちら=>>デイトレード初心者のための27種類のデイトレード手法解説


デイトレードを頻繁に行なう

デイトレードでは
条件が揃った時以外には手を出さないことを
守り続けることも難しいことの一つです。

デイトレードでは手くいっていても、失敗を続けていても
どちらの場合もオーバートレードの誘惑はやってきます。

デイトレードでのオーバートレードを止めるには
既に自分がトレードをしていないと気がすまない今の自分の状態は
中毒の状態である、ということを自覚することです。そしてオーバートレードは
結局は利を残さず、条件が整ったときだけデイトレードを行なった方が
利が残ることを理解することです。

デイトレード手法解説の携帯サイトはこちら=>>デイトレード初心者のための27種類のデイトレード手法解説


デイトレードやスイングトレードで
ファンダメンタルな情報を売買の判断基準にしようとすると
四季報を調べ、経済紙に目を通し、企業業績を調べ、
セクターの動向を調べ、さらに
専門チャンネルを見ながら、好材料や悪材料を調べ、
国内・海外の景気動向を調べる、さらには世界中のマーケットをチェックする、
といった作業を経ることになります。
しかし、このようなファンダメンタル的な作業を実際にやっていくと
際限が無いことに気が付き、
全てのファンダメンタル的な事象を調べることが
一個人には不可能だと理解する時がきます。
ファンダメンタル分析はムダではありませんが、
個人投資家のデイトレードやスイングトレードにはテクニカル分析の習得が必須です。

デイトレードのタイミング
デイトレード手法解説の携帯サイトはこちら=>>デイトレード初心者のための27種類のデイトレード手法解説


デイトレードのタイミング

デイトレードやスイングトレードの世界では
「株価がこうなったら、ここで買いに入る。
こういう動きになればここで仕掛ける。
そして、ここで手仕舞う。」といった
条件やルールに基づく手法は沢山存在します。

デイトレードやスイングトレードの初心者は
これらを何パターンか身につけて、そのタイミングがくるまで
待つことです。


デイトレードとテクニカル分析
デイトレード手法解説の携帯サイトはこちら=>>デイトレード初心者のための27種類のデイトレード手法解説


デイトレードとテクニカル分析

デイトレードでテクニカル指標のサインに従って買ったが
損した。なぜ?どうして?」
ということを話す人がいます。

デイトレードやスイングトレードにおける
テクニカル分析もファンダメンタル分析、システムトレードも
確率を高めるための単なる手段です。
完璧な絶対的な判断指標はありません。

デイトレードやスイングトレードでは
このことを理解したうえでトレード戦略や
資金管理法を構築する必要があります。
デイトレードで成功したければ
デイトレード手法解説の携帯サイトはこちら=>>デイトレード初心者のための27種類のデイトレード手法解説


デイトレードで成功したければ

デイトレードで成功したければ
当然、概要と手法、テクニカルな知識、
資金管理の知識を学んだうえで
過去のデータを調べる、チャートを読む、
支持線を調べる、抵抗線を調べる、トレンドラインを引く、
節目の価格をチェックする、リスクにさらすパーセントを決める、
エントリーのシナリオを想定する。そして、
デイトレードでのエントリーの準備をしておき、
その時が来るまで待つ。
こういった準備が出来ないのであれば、
デイトレードでは生き残ることさえ難しいのは当たり前のことです。

デイトレードのマーケット
デイトレード手法解説の携帯サイトはこちら=>>デイトレード初心者のための27種類のデイトレード手法解説


自分はどのマーケットでデイトレードをするのか。
株、先物、商品、為替どのマーケットでも良いけど
そのマーケットに数年は集中して、
知識を深堀りして、トレード経験を積んでみることです。
一番効率が悪いのはマーケットを頻繁に変えることです。
デイトレードで実行するのが難しいこと
デイトレード手法解説の携帯サイトはこちら=>>デイトレード初心者のための27種類のデイトレード手法解説


デイトレードで実行するのが難しいこと


デイトレードでもスイングトレードでも継続して
自分で決めたトレードルールに従うことがとても大切です。
自分で決めたことですから、とても簡単なことです。
でも、これをデイトレードやスイングトレードで
ずっと実行し続けることはとても難しいことなのです。

デイトレードの戦略
デイトレード手法解説の携帯サイトはこちら=>>デイトレード初心者のための27種類のデイトレード手法解説

デイトレードでもスイングトレードでも
10回中4回は負けトレードです。
それを前提に利が残ることを考える。
それが真っ当な投資戦略です。
最初から勝率8割を考えた投資手法を探すから失敗します。

デイトレードでもスイングトレードでも
連続した負けが何回か続いたとしても
生き残れる戦略を考えることです。

デイトレードの利食い
デイトレード手法解説の携帯サイトはこちら=>>デイトレード初心者のための27種類のデイトレード手法解説


デイトレードの利食い

デイトレードでの損切りは機械的に実行するだけです。
出来る人にとってはそれは難しいことではありません。
でも、損切りが出来る人でも難しいのが
利が乗っている時の利食いです。
どこまで利を伸ばせるかには
機械的な正解がないからです。
デイトレードでは経験値を積み上げ、自分なりの
利食いのルールが必要になります。
デイトレードでは自分自身を知らなければならない
デイトレード手法解説の携帯サイトはこちら=>>デイトレード初心者のための27種類のデイトレード手法解説


デイトレードでは自分自身を知らなければならない


よく自己洞察すると分かりますが
デイトレードやスイングトレードで
損失を重ねるのは手法のせいではなく
自分の感情の管理、心理のコントロールができていないことによって
もたらされることがあることが分かります。
デイトレードでは自分で銘柄を選び、自分でタイミングを考えるべし
デイトレード手法解説の携帯サイトはこちら=>>デイトレード初心者のための27種類のデイトレード手法解説


デイトレードでは自分で銘柄を選び、自分でタイミングを考えるべし


デイトレードやスイングトレードで
銘柄情報や売買のタイミングを他人に聞いて
デイトレードやスイングトレードをする人が大勢います。

そして損をして泣き言を言う人が大勢います。
自分の大切なお金を自分以外の人に預けるわけですから、
失っても文句を言えません。
デイトレードの概略
デイトレード手法解説の携帯サイトはこちら=>>デイトレード初心者のための27種類のデイトレード手法解説


デイトレードの概略を学ぶ、デイトレードの手法を学ぶ、
デイトレードの戦略を学ぶ、
資金管理を学ぶ、バックデータのテストをする、
シミュレーションする、小さくポジションをとり
実際にデイトレードをしてみる、
毎回のデイトレードでは必ずリスクを抑える、
デイトレードの経験を積む、そして自分に適した
トレードルールを構築する、これを行なうのみ。
当然、そのためには時間とコストと労力が必要です。
デイトレードでの未熟な腕
デイトレード手法解説の携帯サイトはこちら=>>デイトレード初心者のための27種類のデイトレード手法解説



デイトレードでの未熟な腕


デイトレードの知識を習得する、
定石的なトレード手法を学ぶ、
マネーマネジメントを学ぶ、バックデータのテストをする、
ペーパーシミュレーションをする。
最初は小さなポジションでトレードする。
経験を積む、記録する、そして自分に適した
体系的なトレードルールを構築する、これを行なうのみ。